2013年06月12日

聞くという二つの力

聞く力それは自分自身に対し 又相手に対しても本当に肝要なことです 人の話は絶対に聞くべきであって例えその話が自分の為にならなくても又自分の考え方と異なったとしてもそして理解できなくても耳を傾け聞くことが大切 そして聞く態度 姿勢はとても大事なことです その話が絶対なのか正しいことなのかはその人の常識や考え方で異なりますが疑問があったり理解できないときは次に自分の口で聞く事 この耳で聞く力 口で聞く力が乏しい人が多すぎる とにかくこの二つの聞く力が弱いか強いかでこの人の人生が決まると言ってもおかしくはない その中でも聞くときの態度 「聞き手にせよ話し手にせよ」が悪いか良いかで教え方も変わる 何故ならば本来人として皆平等に教え伝えなければ行けないのですが 私は感情を持った人間です 例えば一人はとても態度が良く素直な人 もう一人はろくに返事もせず態度が良くない人がいました 普通の人なら勿論 どちらの人に自分の財産を伝え教えるかは一目瞭然だと思います そしてもっと学びたいことがあれば 返事がカギになると思う 良く皆はハイとかただうなずく事が返事だと勘違いしてる様だが そのあとに付け加える言葉が大切です 例え褒められても 叱られてもハイ有難うございます ハイ分かりました それが本来の返事 それが二つの聞く力 態度やと思います 以前にも皆に伝えましたが自分が変わりたい 向上したいと思ったらまず相手を変えろや 私も知ったかせずわからんことは必ず聞くし答えてくれたことに対して真摯に聞くように心がけてます 「確かに人の話を聞くのは苦手ですが」 しかしよくそれは常識とか絶対とかこれが正しいなんて言う人が良くいるけど俺に言わせれば馬鹿かと言いたいね 「だが如何してもまとまらないときは必要だと思う」 私自身も絶対と思ってもどうしても自分を疑ってしまいます 勿論自信がないわけではなく人それぞれ考え方が違うし育った環境も違いますし普段の教えも異なるから とにかく人それぞれスキルも違いますしそこは度量な気持ちで伝え教えていかなければならないと思っていますが ただどの様に話せば話を聞いてくれるのか そして少しでも理解してくれるかを常に考えてます どうしても感情が先に出てしまい何時も反省の日々ではありますが とにかくこの聞く二つの力は大切だと言う事 皆は口で聞く力が少し弱い感じがします 「言わせない様な環境を作った事は事実ですが」聞かずして実際ミッションを実行する際 「本番 現場 戦い」 はたしてそれで本当に満足する結果が出せるでしょうか 例えばプロの料理人がいました 牛肉や鶏肉 新鮮な野菜など様々な食材を使わなければなりません その際その食材 「人財や現場」 を見ただけ触れただけで肉質 味覚など何に適しているかどの様な料理に合っているか「人財で言う適材適所」分かるはずがない プロは見ただけ触れるだけで分かる それはプロでは無い 本当のプロは確信を得るため再度 生産者に対し必ず参考の為聞くはずや 又それが礼儀でもある それが本当のプロや スポーツ界が良い例ではなかろーか 「ポジショニング」 牛さんも鳥さんもお野菜もそこまでしてもらえると嬉しいでしょうね 現場の引き継ぎの時でも同じことが言えますし 私の日常生活の中でも一つあります とにか聞く二つの力 侮ってはいけませんよ 今回も私自信に言い聞かせるために愚痴ったのですが この愚かさは一生治らないかも?何故ならば自分の愚かさを知ってないから〜〜〜 皆には本当に感謝してますが これからも小言は言わしてもらいますよ その代り本番で 失敗や事故を起こしても凹むな 全責任は代表である私の責任 指導の仕方に問題があるからその様なことが起きると言っても過言ではない だから融通無碍の心得で遣ってほしい 今回もはたしてこの事が当たり前で絶対的な常識だとは思っていませんが せめて良識だと自負してマッスル マッスル 俺にとって絶対的な良識は徹底した挨拶 しかも相手より先に それと年上を敬う事位かな しかし今時の大人がそれが出来無すぎる 本当に可愛そうな気持ちになります そしてその様な人を観ていると何もかもが#####そしてちょっと損をしている様な気がします 勿論私も含めて? かなり上目線かもしれんがそう思ってる人はただたんにあなたが下過ぎなのかもよ 俺の事をどの様に思おうと構わんが俺から嫌われん様にしといたほうが良いぞ hhhhh やっぱり上目線じゃん 当たり前の事を当たり前に但し徹底的に 〜〜〜〜〜〜〜を遣ろう 何時も有難う       
posted by 代表 at 14:31| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

常に考えるの前に 常に考えようとする意識を持て

ホンダさんじゃないけれど 常に考える事はとても大切なことで やはり素直な気持ちで物事に対して意識することが重要ではなかろうか 実際緊張感が足りないからミスをするとか 集中力が足りないから失敗するとかよく私達は口にしますが実際そうなんですが 全体に対しての緊張感 集中は大体人は出来ると思うんだけど その中で細かいところに意識が足りないからせっかく色々な経験をしてるにも関わらず同じミスを繰り返すのではないでしょうか 例えば野球だと全体の練習事態は集中してても その中でバッティングやキャッチボール また守備にしても一回注意されたところを理解しそこを意識して何処までできるかがとても大切であって 幾ら上手に出来なくても自分の駄目なところが分かっていてなおかつ意識していれば すぐには上手く出来ないにせよ必ず出来るように成ると私は思うし  私たちの日常生活 仕事にも同じ事が言え 例えば車を運転する際 いきなり信号で止まる人なんて前の信号しか見てなくて歩道の信号を見てないから黄色になった瞬間驚いて急に止まるわけで歩道の信号が点滅したらそろそろ車道の信号も変わるなと意識していればそんなこと無いんだけど 又前方にバスが走っていたら勿論バス停で停車するかもしれないなと意識していたら自然とどうするか考えることが出来るんじゃないかなと思います ちょっと例えが悪かったと思いますが 常に考えようとする意識を持つように心がけてこれからも頑張っていきましょう 素直な気持ち要はプラス思考で苦しむ経験はすぐには結果として出ないにせよ 必ず自分の生きる財産になると思います せっかく大切な時間を使っているのだから本当に良かったと言える時間 経験にしていきましょう。  但し徹底的に 当たり前の事の様に 
posted by 代表 at 12:13| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

自分に自信を持ち 時には自分を疑え

 自分に自信がなさそうな人 天狗になってる人 はなから話を聞いてない人 理解力がまったくない人 さまざまな人がいるけど やはり自分に自信がないと何も出来ないし かと言って自信過剰では駄目であってそのバランスが難しく 人を指導していくうえでその教え方に昔から悩まされてる今日この頃ですわ 俺としてはまずその人を知ることから始めるんだけど さっき言った事柄に全部当てはまる人 これがとても厄介で何から教えたらいいのか一番悩む所だ とにかくさじを投げず諦めないことが肝要で まず冒頭で言った 四つの内のどれに当てはまるか徹底的に見極める事 それからですわ まず自分に自信が持てない人 又出来るのにやる気がない人はまず褒めるが一番簡単なんだけど この前 ホーリーの服部さんが仁達にそのやり方で遣ってたんですが 服部さんも松崎さんもその辺のツボを押さえるのがとても上手だよね ただ褒めるだけじゃなく何のどこがと言う具合に細かく指導するところがいいよね ただそこで 相手がその話を聞いていなかったら 又理解していなっかたらと思うと残念で仕方ない とにかく復習 実行 反省 復習 実行 反省の繰り返しが大切なんだけど 天狗になってる人 確かに天狗の鼻も短すぎるとかっこ悪いから多少は長くて良いと思うんだけど 自信は確かに持たんといかんし ただ自信過剰に成るとまず人の話を聞かなくなる 人に耳を傾けない奴はその相手を失うだけでは無く 必ず自分を失うことに成る 特に真剣に遣らないといけない時に調子にのってふざけてしまい まだまだ学べることも学べなくなる すなわち今の自分が正しく 完璧であって間違いないと勘違いしてしまうから 常に自分に自信を持ちそして時には自分を疑う気持ちを忘れてはいかんと俺は思う また成功した時 勝負に勝った時 事柄がうまくいった時ほど 自分に不安を持つことやな そこにはもっともっとと言う気持ちがないと駄目であって しかし本番で失敗した時や勝負で負けた時はそう言う事は考えない方がいいと思う 全部忘れろ 「但し己が全力で一生懸命にやった時 しかもその判断は己じゃなく第三者の判断に限る」 俺はそんな時は絶対に叱ったことがない なぜならば本人が一番分かってるはずだし本人が一番つらいから と言うか指導した俺の責任であって 実行部隊の責任じゃ無い その代りその前の時点で徹底的に厳しく教えていく だからこそ 日々邁進し向上したければ 天狗にならず 自分に不安を持ち何か間違っていなかったのか もっと良い方法は無かったのか 常に自分を疑うことを怠ってはいかんと思う この世の中完璧なんて無いし 絶対なんてありえへん 実際この前なんか子供にひっ算の仕方を教えようと思って皆に聞いたところ俺のやり方を知らなくて皆いままで小学校で習った計算しかないと思ってたみたいで だからまだまだ遣れることは有ると常に考える事ですわ そして話を聞かない人 理解できてない人は 話にならん 出直して来いと言いたいね とにかくそれは親の教育がただ単に駄目なんだよ よく指導者がいいと子供が伸びるとかさ 指導者次第とかよく言う親がいるけどそれは人の話を聞く力とか 理解する力とか 挨拶の仕方とか 年功序列とかまず親と言う指導者がしっかりと教えないからどこそこ預けても駄目なんですよね そのくせ人のせいにすぐして 愚痴ばかりいってる自分の愚かさを先に知るべきや また今回もはっきり言って自分に言い聞かせてるだけなんだけどね 本当に自分が頑張らないかん 反省もうやだ〜(悲しい顔) しかし今の大人に年功序列から教えらないかん しかもろくにちゃんとした挨拶も出来んで 話にならん奴ばかりや やっぱ親から教育しちゃらんと分からんごたあ〜ね そーせな子供に示しがつかんバイ と言う事で俺達一人一人が頑張らんといかんと言う事たい 当たり前の事を当たり前に 但し徹底的に
  ごめんね 愚痴ちゃって わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)揺れるハート
posted by 代表 at 03:23| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

皆は十分に出来ていますよ もっともっとすきがなく

三現主義じゃなく 四現主義で行け

私達は、実際には見えていないのに、{現状が分かっていない}如何にも見えてる様な錯覚に陥っている時が多々あります 確かに営業でも職人さんにしても創造力やシュミレーションはとても大切なことなのですが、もし誤った現状を把握していたら{今のお客様の気持ちや現場状況 又仲間}とんでもないことになり 弊社に対し多大な損失を与えかねません 人には勘違いや誤解することは確かにあるとは思いますが その様なことは最小限に抑えなければなりません、その為には現状 現実を如何に正確に知るかが肝要と成ります 例えば営業に対し今の現状が知りたく「どこそこのお客さんは今どう?」と尋ねてみると 「OOO塗装さんの現在の現状が分からないから連絡取っていない」と訳の分からない返事が返ってきたり また「OOOO建設さんに電話入れたけどパッとしない」などの返事が返ってきて私には意味がさっぱり 現状が分からないからこそお客さんの所に電話を掛けたり 足を運んで会いに行くのではないでしょうか 確かに失敗をして会いずらいお客さんもいるとは思いますが その気持ちは十分に理解しています だがそれが営業の務めであって避けては通れないのです 営業の皆 本当に辛く 大変だとは思いますが気合入れて頼みますよ そして現場の視察に行く際必ず ただ現場を見て寸法を測るだけでは無くシュミレーションを何回もして下さい トラックはどこに置くのかレッカー リフト エレベーターは使えるのか 駐車場の車は移動可能なのか どこから組み始めてどの位で終わるかなど 様々な想定をし想像力をフルに使いシュミレーションしてください また職人さんも同じこと 事前に営業から報告書が上がってきているとは思いますが 実際写真などでの説明 指示書があっても現場に行ってみると自分で思った現状とは異なるものです 現場に着いたら必ず皆で現状を頭に叩き込んでください そして気になったところがあれば すぐに営業や監督さんお施主さんに報告し実行に移してもらうこと 但し四島組の代表としてはこれだけは守ってほしい お客様 監督さんに対し感謝の気持ちを怠らず迷惑 粗相が無いよう実行に移すようにお願いいたします 人は必ず勘違いや間違いを犯します しかし勘違いや間違いを減らすことは可能なのです 現場と言う物は調査するものではなく 創造しシュミレーションするところである事を営業は忘れないでほしい そして現場 現物 現状を常に念頭に置くこと それが現実なのですから 四現主義を常に思っていればお互いの気持ちも理解でき物事もスムーズに進むと思います 段取りにしても皆が日々出してくれている報告書 現場の現状進行状態{ブログ}があるから出来てるのであって それだけ四限主義は大切なことなのです これからも毎日大変だとは思いますが宜しくお願い致します 当たり前の事を 当たり前に 但し徹底的に 全力でベストを尽くそう
もっとも私が一番 現場 現物 現実 そして仲間の現状を知らなくてはいけないのですが
posted by 代表 at 09:36| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

判断 決断 実行 そしてスピード

判断 決断 実行 この言葉は生きていく為には絶対必要な事で、しかもスピードがカギとなり度胸と覚悟が必要で、四島組のやり方としては一人一人に仕事を任せ大半を自己判断でやらせてきたんですが、まだまだ皆は自分に自信を持てていない様な気がしてならん、はっきり言ってもっともっと己に自信を持ってやってよかと思うし、失敗したってたかが知れとるし、蚊に刺されるぐらいやろうが、勿論責任問題が生じてくると思うバッテン その責任は任している私の責任であって気にしたらいかんと思う ビビるな、傍から見ると四島組の社長は何もせんで、人任せやとおもっとう人が多いと思うバッテン、私の性格上本当は自分が先頭に立って全部したいくさ、もともとこの会社を作った時、早16年に成るけど私が44歳に成ったら社長を辞めると決めてたし、その際絶対やって置かないといけない事があって2代目の育成と一人一人の仕事に対しての自覚 判断力 決断力 実行力の力を付けさせる事だったわけでその際いち早く身に着けさせれる方法が任せるだったわけで 実際山本五十六の言葉にも 遣って見せて 言って聞かせて 遣らせてみて 褒めてやらんと人は動かずとあるけど 私は人は成長せずだと思うし しかし私はあまり人を褒めませんが、やはり任せるが一番だと思う そこにはお互いの信頼感が大切になってくると思いますがね 実際に野球のメジャーで選手が自分達でサインを決めて試合をやってるチームが有るらしいし「1970年代にヤクルトスワローズで活躍したマニエル」だったと思いますが、その後インディアンスの監督になりあまりサインを出さず自主性に任せてたらしくまた高校野球チームにもその様な監督がいるらしいけど、やはりそこには勿論どの様な結果に成ろうとも監督の責任であり代表の責任であると 又監督が選手を信頼してないと出来ない事であって そこには最低でもお互いに野球を知っていないと出来ないことで、そこで必要となってくるのが野球の知識 経験 知恵だと思う 私達にも同じことが言え判断 決断 実行に移す際 判断するときやけど必要なのは選択するときの知恵や知識ば出来る限りもっとかないかんといかんと云う事 又自分の経験も生かしてほしい 決断する時 時に捨てる勇気も必要{あきらめ}で最後に実行に移したら守る執念が大切になってくるぞ 自分で云った事を守るとか そこに携わる仲間を守るとか そして最後にスピーディーさやと私は思う 幾ら知識や経験があって判断 決断 実行に移したとしてもスピードが無いと話にならんとたい 野球でもノーアウト二塁でバッターが打った時 自分の腰より高い球を打ったら普通は走らんバッテンね 取られたらすぐダブルプレーに成るけんね 判断力が遅いやつ 知識 経験の無いやつは走ってしまう 私達にも仕事をしているときその様な経験があると思うよ 判断するスピード 決断するスピード 実行に移すスピード これらは絶対や
まー云いたい事 打ちましたが 皆は人並み以上に出来てますよ 早い話自分自身に云い聞かせてるのでしょうね じゃーね    ちっ(怒った顔) 
posted by 代表 at 09:38| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。