2015年09月25日

良い頑固と 馬鹿な頑固

近頃 やっぱ人の話を聞かん馬鹿たれが多すぎる 以前にも云ったけど聞く二つの力そして時に自分を疑う気持ち そこはどう考えても頑張って皆も遣ってほしか 聞いても無駄 話しても無駄なんて思うなら残りはただ一つに成るばってんがたい そこは美味く遣って行かんといかん 例えばピッチャーが居てその周りにいろんなポジションの選手が居るけどファーストがピッチャーに対して「もっと低めを突いて」とか又キャッチャーが「もっと腕を振ってこい」と云ったとしよう。ピッチャーはその時どう思いどうこたえるか それ次第でそのチームは180度変わる もしピッチャーが 「投げよるとは俺たい黙っとけ」「それならお前が一人で野球をやればよかろうもん」「俺のほうが経験が長いったい」とおもったら もし冷静に理解し「分かった有難う」と云ったらどの様に変わるか 言わずとして皆は分かると思うがそれさえわからん馬鹿たれがおることを皆も覚えときなさい その分かった有難うでも言葉も出さず無視したまま自分に気づき腕を振って投げるのと 笑顔で有難うと答え投げたとしましょう 間違いなく笑顔でが必ずチームとしては強くなる 馬鹿な頑固になると俺のほうがピッチャーの経験が長いと云う気持ちが強くチームが崩壊することに成る ここで一つ何も言わないで遣る?無限実行でとても男らしくかっこえーーーーかもしれんが 俺に言わせれば言い訳できる道を作ってるだけ スポーツだとサインを全く出さない 会社だと支持を出さない これは自分の責任を逃れる為にしか考えられない 勿論本当のプロ集団であれば別だが その際でもサイン 支持が無く仲間が失敗しても叱ってはならない 何故ならばそのトップの判断ミスだから逆にトップが部下や選手に詫びるのが男や 又叱ることしか知らん馬鹿も多か 今時どころか昔から人は やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじじゃ 四島五十六じゃ 話は戻りますが例えばラクビーのチームがあって監督は高校 大学とラクビーの経験があり50歳としよう コーチは小中とラクビー経験がある40歳としましょうか あるコーチが監督に今からの時代はこう有るべきと云ったとしましょう しかしその監督は私は高校大学と経験してるから方針は変えないと そうなるとそのチームは間違いなく飛躍することは無いでしょう 会社も同じです 今まで一側足場にレッカーはタブーでしたが 今では当たり前だろ 勿論昔の考えやり方は初心として忘れてはいけないけど 時代と共に変えていくべきである 考えと思い「過去の自分の経験」 そして実際実行遣るべき行動は区別して考えないといけません それこそ良い頑固であり皆の為に成るはず 足場でもトラックが得意な人 高い所が得意な人 組み上げるのが得意な人 解体が得意な人 営業が得意な人 皆得意分野が異なってますが 決して悪い頑固にならず人の話を聞いて自分が間違っていたと思えば素直に取り入れ履行してくださいね 何もかもを変えろと云ってる訳ではありません 今のやり方に新しい物を取り入れ良い味に変えても良いのでは 結構第三者から見た感想って為になり自分の財産に代わるものだよ 信じるか信じないかはあなた次第?どこかで聞いたような? とにかく私自身に言えることだけど皆もたまにはこの様な考えもありー 又云った云って無いとよく耳にしますが 自分で云ったことは云ってい無いと云わず その時は覚えて無いと云え でないと馬鹿な頑固を通り過ぎて単なる嘘つきになるぞ 又伝えていないことを伝えたと云わない様にそれも同じです 自分を守るのは分かるけど嘘はダメ
 
当たり前の事を当たり前に但し徹底的に 全力で!   


posted by 代表 at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。