2012年02月28日

皆は十分に出来ていますよ もっともっとすきがなく

三現主義じゃなく 四現主義で行け

私達は、実際には見えていないのに、{現状が分かっていない}如何にも見えてる様な錯覚に陥っている時が多々あります 確かに営業でも職人さんにしても創造力やシュミレーションはとても大切なことなのですが、もし誤った現状を把握していたら{今のお客様の気持ちや現場状況 又仲間}とんでもないことになり 弊社に対し多大な損失を与えかねません 人には勘違いや誤解することは確かにあるとは思いますが その様なことは最小限に抑えなければなりません、その為には現状 現実を如何に正確に知るかが肝要と成ります 例えば営業に対し今の現状が知りたく「どこそこのお客さんは今どう?」と尋ねてみると 「OOO塗装さんの現在の現状が分からないから連絡取っていない」と訳の分からない返事が返ってきたり また「OOOO建設さんに電話入れたけどパッとしない」などの返事が返ってきて私には意味がさっぱり 現状が分からないからこそお客さんの所に電話を掛けたり 足を運んで会いに行くのではないでしょうか 確かに失敗をして会いずらいお客さんもいるとは思いますが その気持ちは十分に理解しています だがそれが営業の務めであって避けては通れないのです 営業の皆 本当に辛く 大変だとは思いますが気合入れて頼みますよ そして現場の視察に行く際必ず ただ現場を見て寸法を測るだけでは無くシュミレーションを何回もして下さい トラックはどこに置くのかレッカー リフト エレベーターは使えるのか 駐車場の車は移動可能なのか どこから組み始めてどの位で終わるかなど 様々な想定をし想像力をフルに使いシュミレーションしてください また職人さんも同じこと 事前に営業から報告書が上がってきているとは思いますが 実際写真などでの説明 指示書があっても現場に行ってみると自分で思った現状とは異なるものです 現場に着いたら必ず皆で現状を頭に叩き込んでください そして気になったところがあれば すぐに営業や監督さんお施主さんに報告し実行に移してもらうこと 但し四島組の代表としてはこれだけは守ってほしい お客様 監督さんに対し感謝の気持ちを怠らず迷惑 粗相が無いよう実行に移すようにお願いいたします 人は必ず勘違いや間違いを犯します しかし勘違いや間違いを減らすことは可能なのです 現場と言う物は調査するものではなく 創造しシュミレーションするところである事を営業は忘れないでほしい そして現場 現物 現状を常に念頭に置くこと それが現実なのですから 四現主義を常に思っていればお互いの気持ちも理解でき物事もスムーズに進むと思います 段取りにしても皆が日々出してくれている報告書 現場の現状進行状態{ブログ}があるから出来てるのであって それだけ四限主義は大切なことなのです これからも毎日大変だとは思いますが宜しくお願い致します 当たり前の事を 当たり前に 但し徹底的に 全力でベストを尽くそう
もっとも私が一番 現場 現物 現実 そして仲間の現状を知らなくてはいけないのですが


posted by 代表 at 09:36| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

判断 決断 実行 そしてスピード

判断 決断 実行 この言葉は生きていく為には絶対必要な事で、しかもスピードがカギとなり度胸と覚悟が必要で、四島組のやり方としては一人一人に仕事を任せ大半を自己判断でやらせてきたんですが、まだまだ皆は自分に自信を持てていない様な気がしてならん、はっきり言ってもっともっと己に自信を持ってやってよかと思うし、失敗したってたかが知れとるし、蚊に刺されるぐらいやろうが、勿論責任問題が生じてくると思うバッテン その責任は任している私の責任であって気にしたらいかんと思う ビビるな、傍から見ると四島組の社長は何もせんで、人任せやとおもっとう人が多いと思うバッテン、私の性格上本当は自分が先頭に立って全部したいくさ、もともとこの会社を作った時、早16年に成るけど私が44歳に成ったら社長を辞めると決めてたし、その際絶対やって置かないといけない事があって2代目の育成と一人一人の仕事に対しての自覚 判断力 決断力 実行力の力を付けさせる事だったわけでその際いち早く身に着けさせれる方法が任せるだったわけで 実際山本五十六の言葉にも 遣って見せて 言って聞かせて 遣らせてみて 褒めてやらんと人は動かずとあるけど 私は人は成長せずだと思うし しかし私はあまり人を褒めませんが、やはり任せるが一番だと思う そこにはお互いの信頼感が大切になってくると思いますがね 実際に野球のメジャーで選手が自分達でサインを決めて試合をやってるチームが有るらしいし「1970年代にヤクルトスワローズで活躍したマニエル」だったと思いますが、その後インディアンスの監督になりあまりサインを出さず自主性に任せてたらしくまた高校野球チームにもその様な監督がいるらしいけど、やはりそこには勿論どの様な結果に成ろうとも監督の責任であり代表の責任であると 又監督が選手を信頼してないと出来ない事であって そこには最低でもお互いに野球を知っていないと出来ないことで、そこで必要となってくるのが野球の知識 経験 知恵だと思う 私達にも同じことが言え判断 決断 実行に移す際 判断するときやけど必要なのは選択するときの知恵や知識ば出来る限りもっとかないかんといかんと云う事 又自分の経験も生かしてほしい 決断する時 時に捨てる勇気も必要{あきらめ}で最後に実行に移したら守る執念が大切になってくるぞ 自分で云った事を守るとか そこに携わる仲間を守るとか そして最後にスピーディーさやと私は思う 幾ら知識や経験があって判断 決断 実行に移したとしてもスピードが無いと話にならんとたい 野球でもノーアウト二塁でバッターが打った時 自分の腰より高い球を打ったら普通は走らんバッテンね 取られたらすぐダブルプレーに成るけんね 判断力が遅いやつ 知識 経験の無いやつは走ってしまう 私達にも仕事をしているときその様な経験があると思うよ 判断するスピード 決断するスピード 実行に移すスピード これらは絶対や
まー云いたい事 打ちましたが 皆は人並み以上に出来てますよ 早い話自分自身に云い聞かせてるのでしょうね じゃーね    ちっ(怒った顔) 
posted by 代表 at 09:38| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

根性 気合 そして感謝の気持ち

久しぶりにブログ更新しますけど、近頃私が最も皆に対して力を入れてる事、感謝の心、有難うと素直に言える気持ちそして根性と気合なんだけど、先日同級生と飲む機会があって、その時下野君から一つ質問されたんだけど、ちなみに下野君は粕屋殖産で不動産を遣ってるんだけど、四島のベクトルは何と質問されてそう答えたんだけど、それが答えに成ったかどうか分かんないけど、勿論 会社の方向性目指すも 目標 夢 会社の規模 売上 利益率などとても大切なことなんだけど、やはり私は心の在り方 気持ちの持ち方 考え方がしっかりしていないと無理な話で そこを徹底的に鍛えないと 本当の方向性は見えないと思うし また目標とか夢なんて決める必要ないと思う 所詮無限大にあるのですから 一日を全力でやっていれば自然と目標 夢なんてきずいたら叶ってると思う 全力で遣るためには根性 気合 感謝の気持ち 有難うという素直な気持ちは欠かせなくとても重要なことだと思います、とくにこの様なごく当たり前の事が時に私達にとって忘れがちになるのです、以前も言いましたが 心が変われば 気持ちが変われば 態度が変わり 態度が変われば 行動が変わる 行動が変われば 習慣が変わる 習慣が変われば 人格が変わる 人格が変われば 運命も変わる 運命が変われば 人生が変わると そのくらい重要なことだと思いますよ やる気又普段からのプラス思考 これは絶対ですわ仕事においても人生においても 大体やる気のないやつマイナス思考な奴は 初めから不可能から発想して 時間が無いとか、自分には無理とか、言い訳しかせんし話にならん 逆にやる気が在る奴 プラス思考な奴は意地でも成功させたるという執念があるから 必ず可能性 成功する 出来る事から発想するよね 実際能力の差なんて人はほとんど変わんないんだけど 結局この根性と気合 そして気持ちや考え方で差が付いてると言っても過言じゃ無い 
posted by 代表 at 10:23| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。