2010年08月05日

気遣いと言うか気を遣う 福岡の足場として

前に云った事があると思いますが 現場を上手く叉はスムーズに遂行するにあったて 気遣い無しでは絶対に成し遂げることは出来ません
心遣い 気が利く人がやはり仕事も早く 叉お客さんからのクレームも無く 会社の為 お客さんの為に現場をこなして来ていると云っても過言では無いと言えます 実際に気配りが出来るひと 気が利く人は本当に仕事が出来叉 仕事を知ってないと出来ないことなのです 気配りや気が利かない人は仕事が出来ないか 仕事が嫌いなのかどちらかだと思いますし ただ単に分かっているが行動に移せないか どの道にしても その様な人を 現場に送る事じたい お客さんに対して失礼に当たる行為だあり 弊社のお客さんに対してのイメージ お客さんは施主さんに対しての イメージダウンとなり 今後の仕事に多大な影響を及ぼす事は間違い有りません 少し大げさに聞こえるかもしれませんが 素直な心があれば理解できるのでは無いでしょうか これは利益の有無に限らず云える事でしょう 確かにビジネスであれば社交辞令と云うかゴマすりだと 利益を考えた行動だと思われるかもしれませんが それはただ単にその人の素直な気持ち叉は 器 度量が無いだけであって気遣い 気配りと云うものはとても大切であり重要性を秘めてると私は思います 現場で足場を組むさい複数で仕事をするのですが パートナーが お互いに仕事を知り 先を読み 気を遣っかて初めて成し遂げてきているのではないでしょうか 例えば 今年のサッカーワールドカップでの中でも 本田がゴール前で岡崎にパスをだし 日本代表が一点をもぎ取ったシーンがありましたが あのプレーも本田選手の粋な計らいと言うか 気が利いた気遣いであったと私は思いますし 本田選手も岡崎選手もお互いに自分の仕事を知っているからこそ できた事では無いでしょうか その気が利いたプレーにより 日本代表は一点という利益をえ 叉チーム自体の士気も高まり あそこまで頑張れたのでは無いでしょうか それだけ気遣いと言うか 気配りと云うものは大切な事なのです 
先日 あるハウスメイカーとの打ち合わせがあったのですが [個人的打ち合わせ] まず事務員さんが こまめにお茶を何回も運んでこられ またそこの営業マンからは 前日に直筆の手紙を頂き 「お互いに悔いの無い打ち合わせをしましょう」とかいてあったのですが 実際直筆の手紙を貰うなんて久しぶりの事で 素直に感激を覚えたのですが 今はパソコンと言う便利なものが有るのに  後日の打ち合わせのさい その事に対し営業の方に問いかけてみました 「この様の行動は会社の方針ですか」と すると営業マンは 自分の判断であり 営業マンとして当たり前な事だと そう答えたのです
実際仕事であれば当たり前の事と言えるのかもしれませんが その当たり前な事が 素直な気持ちで受け止めると当たり前な事では無いのです
実際その様な粋な計らいと言うか 気遣いが出来ない人が大半じゃ無いでしょうか もし現場でその当たり前な事をもっと取り入れていくと 現場での力と言うか 士気が高まり全体が向上し 会社事態も邁進していくものと 私は改めて理解したような気がします
人はそれを思いやりと言う人もいますが 私はあえて 気配り 気遣い 気が利く人と表現したいものです 日常生活にしても 食事の後 自分で食べたものぐらいは 自分で運ぶとか 便器が汚ければ自分から率先してお掃除をするなど ごく当たり前な事なのですが そのちょっとした気遣いにより家庭 夫婦も円満になりお互いに助け合う気持ちが向上されて行くのではないでしょうか それを見て見ぬ振りをしているととんでもない事に発展していくのです 仕事でも同じ事がいえます 現場で資材が散乱してても また現場でゴミが落ちてても 誰かがしてくれるだろうとか その作業ぐらい一人で出来るだろうと云う気持ちになってしまうと その現場事態100%スムーズに行くはずがありません 
やはり 気遣いと言うか 気配り 気を遣うと言う行為は果てし無く大切な行為と言えるでしょう 
ただ その気遣いが 相手に対しての甘えにならないように気を付けるべきです 時にはその行為が逆効果となりうる恐れがあるから
私はこの気遣いと言う当たり前の行為がいかに肝要であるかが やっと分かって来た様な気がします
気を遣うとは 立場が上とか 下 上司部下とか 親子であろうとも関係有りません お互いがその様な気持ちを持ち実行して初めて成り立つ事なのです今後 この当たり前の事を当たり前に但し徹底的に自分の人生に取り入れ 率先して実行に移して行きたいものです 今回の事 少しは理解して頂けたでしょうか 素直な気持ちがあれば 理解出来 すぐにでも実行に移す事が出来る事でしょう今更と思うかも知れませんが 今からでも決して遅くは無いし このまま遣らないより 遣ったが良い だから幾ら遅くても私は実行に移す胸を張って 福岡の足場は四島組と言えるように 皆で頑張って行きましょう当たり前の事を当たり前に但し徹底的に
posted by 代表 at 08:35| 代表の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。